キシリトールで本当に虫歯予防できるのか? - 医療法人靖歯会 岡田歯科医院

健康通信

【むし歯のはてな】

キシリトールで本当に虫歯予防できるのか?

キシリトールという言葉はテレビCMなどで聞きなれていますよね。キシリトールの安全性は世界保健機関(WHO)、国連食糧農業機関(FAO)にも認められているんですよ。今回は虫歯予防に効果を発揮するキシリトールについてお話したいと思います。

キシリトールと虫歯予防について

キシリトールは白樺や樫の木にあるキシラン・ヘミセルロースという天然の糖分で北欧では20年も前から虫歯予防に利用されてきました。

虫歯の原因は虫歯菌が口の中の糖分をとり酸を出すことで虫歯となりますが、このキシリトールに含まれるキシラン・ヘミセルロース糖分は虫歯菌に食べられても酸を出すことはありません

さらにキシリトールが虫歯予防に効果的な理由はこれだけにとどまりません。

口腔内のプラークを減少させ虫歯菌の活発化を抑え、虫歯になりかけている歯のエナメル質を再生する働きもあると考えられているのです。

最近ではキシリトール配合のガムなどが多く販売されていますが、これらのガムを嚙むことにより唾液を分泌させ、カルシウムやリン酸が歯を強くしてくれるのです。

キシリトールはどれくらい摂取すればいいの?

キシリトールが虫歯予防に効果的なのはご理解いただけたと思います。では虫歯予防をするのに人はどのくらいキシリトールを摂取すればいいのでしょうか。

キシリトール摂取の目安はキシリトール100%のガムを5個程度を食後に摂取するとよいとされています。

キシリトールガムの注意点

ここでとても大切な注意点があります。最近販売されているキシリトールガムの中には砂糖や水飴などの甘味料が使われている場合もありますのでこのような表記がされているガムを歯磨き後や就寝前に噛むことは避けるようにしましょう。

さらに大切なことがもう一つ。キシリトールガムを噛んでいるから歯磨きはしなくてもよいというのは大間違いです。虫歯の原因となるプラークはしっかりとブラッシングにより取り除くことが重要です。キシリトールはこのブラッシングをサポートするものであるということを理解するようにしましょう。

まとめ

キシリトールは虫歯予防には効果的であることは間違いありません。しかし、それは毎日の丁寧なブラッシングありきであるということは覚えておきましょう。

本格的な虫歯予防としてはフッ素を直接歯に塗布するという予防方法がありますので、毎日のブラッシング、フッ素の塗布、キシリトールの摂取。この3つセットで虫歯予防であると考えるようにしましょう。