入れ歯治療 - 医療法人靖歯会 岡田歯科医院

入れ歯治療

あなたに合った入れ歯で快適な毎日を!

なんだか「咬みにくい」「ずれやすい」「痛みや不快感がある」など、入れ歯の状態で問題はありませんか?しっかりとあなたの口腔内にあった入れ歯に調整することでそんなお悩みを改善することが可能です。入れ歯には、歯の一部が残っていてそれに留め金をかける【部分入れ歯】と歯が全く無い状態時に使う【総入れ歯】があります。また、部分入れ歯と総入れ歯にも種類があります。歯医者岡田歯科医院はどちらの形の入れ歯でも治療・調整することができますので是非ご相談ください。

入れ歯の種類について

入れ歯の種類

【部分入れ歯】
アタッチメント入れ歯
部分入れ歯の留め金の部分が差し込み式になっていて入れ歯が安定し、しっかり噛むことができます。また留め金が外に出ないので見た目も良くなります。
【部分入れ歯】
フレキサイト入れ歯
通常の部分入れ歯の材料よりも弾力がある材料でできていて入れ歯の床自体で歯に固定させるので、留め金のない入れ歯です。さらに入れ歯を薄く作ることができるので、装着感が良く、違和感が少なくなります。
【部分入れ歯】
チタン床入れ歯
部分入れ歯の基礎の金属が最も生態親和性が良いチタンでできています。軽くて薄く作ることができるので、装着感が良く、違和感も少なくなります。
【総入れ歯】
レジン床入れ歯
歯ぐきにあたる部分がプラスチックでできているので落とすと割れてしまうことがありますが、修復は簡単にできます。
【総入れ歯】
マグネット入れ歯
残った歯と入れ歯に磁石を取り付け磁力により固定します。バネを使用しないので、見た目がとても自然な仕上がりです。
【総入れ歯】
金属床入れ歯
歯ぐきにあたる部分が金属でできていて使用する金属はチタンやコバルトクロムなど様々な種類があります。プラスチックよりも薄く作ることができるので、違和感が少なくなるのが特徴です。熱を伝えるので、食べ物をおいしく食べることもできますが金属なので丈夫なのですが、壊れた際に修復するのが少し難しいです。