審美自費治療料金表 - 岡田歯科医院

審美自費治療料金表

自費治療の素材について

オールセラミック

メリット セラミック素材で透明感のある自然な仕上がりになるために本物の歯のような見た目になります。金属を使用しないために金属アレルギーの方でも安心な治療です。
デメリット そこまで強度は強くありません。強い力が加わると割れるという恐れもあるので、歯ぎしりをする方や、かみしめの強い方には金属がおすすめです。

ジルコニア

メリット ジルコニアは金属と同等の強度があり、割れたりかけたりすることが少ない強い素材です。見た目もセラミックと同等に自然な仕上がりになるためとても優れた素材です。
デメリット ほかの素材に比べ金額が高くなります。またその硬さゆえに研磨や微調整がほかの素材に比べ難しくなることがあります。

メタルボンド

メリット メタルボンドは中身は金属で、見える部分のみセラミックを張り付けて作られているために、見た目はセラミックのような美しい仕上がりとなり、強度もあります。変色しにくく強度もあるというのがメタルボンドの特徴です。(金額も抑えられます)
デメリット メタルボンドの外見は美しいですが、裏側は金属が見えている状態となります。歯全体を白く見せたいという方はセラミックまたはジルコニアという選択になります。

ハイブリット

メリット レジン(保険適応素材)とセラミックを混合したもので、素材が柔らかく弾力性もあるため自然な噛み心地になります。歯と密着しやすいので細かな調整が可能でまわりの歯を痛めることもありません。また詰め物と歯の間にむし歯ができにくいのも特徴です。
デメリット ワイン、コーヒー、たばこなど着色しやすく、時間経過に伴い変色しやすい素材です。

自費による治療料金表

当院の自費負担による治療の参考料金表です。料金に関して詳しくはお電話はホームページよりお気軽にお問い合わせください。

部分的な被せ物(インレー)

小さいむし歯の場合は部分的な被せ物により治療していきます。(インレーは部分的な被せ物)

  強 度 見た目 耐久性 価 格
セラミック 33,000円(税込)
ハイブリット 22,000円(税込)
ジルコニア 44,000円(税込)

全部被せる物 (クラウン)

むし歯の範囲が大きい場合はむし歯部を削り、全部被せます。神経を取った場合はコアという土台を入れ歯形をとり被せる治療をします。

  強 度 見た目 耐久性 価 格
ジルコニア 132,000円(税込)
オールセラミック 110,000円(税込)
メタルボンド
(金属+セラミック)
88,000円(税込)
ハイブリットクラウン 44,000円(税込)

ラミネートべニア

ラミネートべニアとは歯の表面を少しだけ削り、薄い板を張り付けることで変色や歯と歯の隙間を埋めることができます。

メリット 見た目がきれいで歯をあまり削らなくてもよい。
デメリット とれたり、割れたりすることがある。歯並びを矯正するというものではない。
  強 度 見た目 耐久性 価 格
セラミック 55,000円(税込)

ホワイトニング

岡田歯科医院のホワイトニングは国内最多54万件以上の
症例実績のホワイトエッセンス茨木院としてホワイトエッセンスの加盟しております。

義歯・入れ歯

ノンクラスプ義歯 7本まで 100,000円
8本以上150,000 円~

金属床義歯

チタン床 330,000円(税込)
コバルトクロム 220,000円(税込)
白金加金 440,000円(税込)
アタッチメント義歯 330,000円(税込)

インプラント

インプラント スタンダードオペ 220,000 円(税込)~
インプラント 上部構造 110,000 円(税込)~

トレー矯正(マウスピース矯正)

トレー矯正(マウスピース矯正)は透明のマウスピースを歯に装着して歯並びを矯正します。

メリット 目立ちにくく、痛みも少ない。取り外しができるるので日常生活に影響が少ないです。また金属を使わないためにアレルギーのある方にも安心です。
デメリット 食事のあとは外したマウスピースを掃除が必要になります。このような手間があるために途中でやめてしまわれることもあります。また極端に歯列が悪い場合は適さないこともあります。
費用 440,000円 (税込)

ページ上部へ