ホワイトニングができる人とできない人 - 医療法人靖歯会 岡田歯科医院

健康通信

【ホワイトニング】

ホワイトニングができる人とできない人

ホワイトニングは歯と歯肉の状態が健康であることと、年齢が18歳以上であることをクリアしてばほとんどの方がホワイトニングが可能です。しかしホワイトニングで白くなるのには個人差もあり限界もあるためにホワイトニングを行う際には歯科医師による十分なカウンセリングと検査が必要となります。今回はホワイトニングができない人に焦点を合わせたお話をしたいと思います。

ホワイトニングを受けられない人とは

ここではホワイトニングを受けることができない人の条件を具体的にご紹介したいと思います。

ホワイトニングが受けられない人

・虫歯がある
・重度の歯周病
・エナメル質にヒビがある
・知覚過敏がある
・呼吸器に疾患がある
・無カタラーゼ症がある ※1
・エナメル質や象牙質が十分に発達していない
・人工の歯
・妊婦、授乳中※2

※1過酸化物を分解する酸素カタラーゼが体内にないので、ホワイトニング剤に含まれる物質を分解できません。
※2安全性が確認されていないために歯科医師と十分に相談する必要があります。

ホワイトニングが受けられない人はどうすれば歯がきれいになる?

上記の条件に当てはまったり、体質的なものやほかの原因でホワイトニングができない人でも歯を白くする方法はあります。それは審美歯科治療です。保険適応外の治療となりますがとてもきれいにすることができます。

【ラミネートべニア方による審美治療】

歯の表面を1ミリほど薄く削り、表面にセラミックス製の白い薄いつけ歯を貼り付けるという方法です。この方法は全く歯を削ることなく貼り付けることもあり、虫歯やねじれた歯、奇形の歯にも対応することができます。

【クラウン方による審美治療】

審美治療というとこちらのクラウンによる治療が多いです。ことホワイトニングに関しては日本人は他の国の人に比べて歯の厚さが薄い感じがあります。このように薄くて削れない場合などはクラウンによる治療の方が良いこともあります。

ホワイトニングができる人とできない人のまとめ

ホワイトニングは人によってできなかったり、お口の中の状態によってできないこともあります。しかしそのような人でも審美治療という選択肢もあります。どのような方でも美しい口元を手に入れることができるのです。
歯を白く美しくしたいと考えておられる方は是非岡田歯科医院へご相談ください。当院はお口の美を追求するホワイトエッセンス茨木店ですので専門スタッフが丁寧にご対応させていただきます。