気になる歯の黄ばみや変色はなぜおこる? - 岡田歯科医院

健康通信

【ホワイトニング】

気になる歯の黄ばみや変色はなぜおこる?

岡田歯科医院は歯のクリーニング・トリートメント・フッ素コーティング・口腔ケア・口元の改善・施術等、ホワイトニングの専門審美歯科医院でもあります。歯は人の印象に大きく影響を与えます。白く美しい歯はそれだけで明るく清潔な印象を与えます。今回から数回に分けてホワイトニングと審美歯科についてお話をしていきたいと思います。今回は気になる歯の黄ばみや変色が起こる理由についてです。

 歯の黄ばみや変色が起こる原因

子どもはほとんどが自然で真っ白な歯をもって生まれます。しかし、毎日口を使い飲食を繰り返し大人になるに従い自然な白い歯は変色していくのです。歯が変色していく原因は以下のようにさまざまです。

  • 加齢による歯の変色
  • 歯への着色による変色
  • 虫歯による変色
  • 歯神経の除去による変色
  • 幼児期までの抗生物質投与による変色
  • 栄養障害、全身疾患による変色
  • 過剰に与えすぎるフッ素による黒ずみ

もともと歯は少し黄色いものです。これは歯を覆うエナメル質の下には象牙質があるためです。加齢による変色はこの象牙質が年を重ねるごとに厚くなり、反対にエナメル質は薄くなり黄色く見えるようになります。

エナメル質への着色は、飲み物やタバコ、食べるものによって起こりますし、虫歯や歯の治療後の金属性の物質により変色したり、治療のために歯の神経を除去した後にも歯の変色が起こります。

上記の「歯の変色が起こる原因リスト」でもわかるように歯の黄ばみや変色は生きて生活していく中で様々なことが原因となり変色していくのです。

変色した歯を白くきれいにするための方法とは?

コーヒーやワイン、タバコにより着色した歯の変色は歯科衛生士による専門的なクリーニングを行うことでキレイにすることができます。専用機器を使い歯に着色した汚れを洗い流し、超音波や専用器具を使い歯石を除去し磨き上げていくことで着色による変色は改善されます。

また、従来は歯を白くするために変色した歯を削ったりしていましたが、現在は特殊な漂白剤を使うのが主流となっています。例えば色素がエナメル質まで沈着している場合などは先ほどの歯科衛生士によるクリーニングでは白くすることはできません。

このような場合は特殊な漂白剤を使いブリーチングによるホワイトニングが必要となります。この方法を用いることで今まで変色していた歯が驚くほど白く美しくよみがえることが可能です。

まとめ

歯が変色する原因は様々で変色の度合いによりクリーニングかホワイトニングかを行うことである程度お悩みは解決することができます。岡田歯科医院では変色の度合い患者様のご要望を伺うことで最適な審美歯科プランをご提案させていただきます。

当院はホワイトエッセンス茨木店としてホワイトニングの症例実績を多く重ねております。歯を白くしたい!もっと美しい歯を手に入れたいとお考えの方は是非お気軽にお問い合わせください!