小学校低学年から中学年向けの虫歯にならない歯磨きのポイント! - 岡田歯科医院

健康通信

【歯磨きの基礎】

小学校低学年から中学年向けの虫歯にならない歯磨きのポイント!

前回は「小学校低学年向けの虫歯にならない歯磨きのポイント!」では第一大臼歯が大切であることをご紹介しました。今回は小学校低学年から中学年を対象にして前歯をきれいに磨く歯磨き方法をご紹介していきます。

顔の印象に大きく関わる前歯の磨き方のポイント

前歯は歯の中では一番目立つ場所です。話をしているとき、笑ったとき、物を食べるときなど口をあけるとすぐに見えるのが前歯なので特に美しく保ちたいものです。それでは前歯を磨く際のポイントを見ていきましょう。

歯ブラシには「つま先」「わき」「かかと」と部分によって分けられています。歯は丸みを帯びた形をしているために歯ブラシをただ動かしているだけでは汚れは取れません。これらの部分をうまく利用し自分の歯、またはお子様の歯の形状をしっかりと把握して歯ブラシのどの部分を使って磨けばきれいに磨けるかを意識しながら磨くようにしましょう。

  • 歯に対して歯ブラシのあて方を意識して磨くようにする
  • 歯の両脇は歯ブラシを縦にして歯ブラシの「わき」を利用して磨こう
  • 歯の前面は毛先全体を利用してやさしく磨き上げましょう
  • 磨き残しのないようゆっくり丁寧に磨くようにする

小学校低学年から中学年向けの虫歯にならない歯磨きのまとめ

歯の形状は人によってさまざまです。これが正解という歯の磨き方はその人によって違います。まずは自分自身やお子様の歯の形状をしっかりと理解し、歯ブラシのどの部分を使って自分の歯をどのように磨いていくと磨き残しがなくキレイに磨けるかをゆっくり毎日練習していきましょう。

人の印象に大きく関わる前歯ですのでしっかりと磨き方をマスターしてずっときれいな前歯でいられるようにしっかりと歯磨きするようにしましょう。