抜歯後の補綴(ほてつ)をジルコニアでした症例 - 岡田歯科医院

施術例

抜歯後の補綴(ほてつ)をジルコニアでした症例

施術前

今回施術前の画像はございません。

施術中

右上大臼歯(前歯から数え6〜7番目) の6番目を抜歯 術前の画像はありませんが抜歯して前後の5番目と7番目を形成したところ

施術後

ジルコニアのブリッジが入った状態。
メタルボンドと違い金属を使わないし、オールセラミックよりも強度が強いのでブリッジにむいている。

費用:36万円 12万×3 税抜


■治療内容
歯の詰め物や被せ物をセラミックなどの白い素材で治療します。
■費用(自費)
インレー:1 本あたり 33,000円~44,000円(税込)
クラウン:1 本あたり 44,000円~132,000万円(税込)
ラミネートべニア:1 本あたり 55,000円~(税込) ■治療期間及び回数
症状によりますが、処置自体は通院1~2 回で完了します。
■副作用・リスク
・銀歯に比べて厚みがあるため、歯を削る量が若干多くなります。
・歯ぎしりなどにより稀に破損する場合があります。

ページ上部へ