古くなって着色した保険の差し歯を保険内で新しくやり直した症例 - 岡田歯科医院

施術例

古くなって着色した保険の差し歯を保険内で新しくやり直した症例

施術前

過去に保険により治療した差し歯の着色と歯茎と差し歯の間にできる黒ズミが気になっておられました。自費による治療も考えられていましたが、今回は費用のことも考え保険治療を行われました。

施術中

古い差し歯を外し新しい差し歯の形を作り土台を形成していきます。

施術後

保険適応での治療は治療時に痛みなどもなく治療期間も自費治療と変わりませんし、強さにも問題はありません。

しかし時間とともにどうしても変色していきます。この着色は人により違いはありますがだいたい3年から5年で着色していくことがほとんどです。

逆に自費による治療の場合は着色はほとんどなく、歯の裏面も白く仕上がりるのが大きな特徴になります。

今回の患者様のように自費治療までは費用をかけたくないけれど歯の着色をどうにかしたい方は最適な治療計画をご提案いたしますので是非一度当院にご相談ください。

ページ上部へ