メタルボンドブリッジにより欠損した歯を補う術例 - 岡田歯科医院

施術例

メタルボンドブリッジにより欠損した歯を補う術例

施術前

下の奥歯が1本欠損しているため、少し不自由を感じられてました。今回下奥歯の金歯をはずしメタルボンドでのブリッジ施術することで金歯を白くしさらに欠損していた奥歯をブリッジによって歯を補うという方法で施術いたしました。

施術中

金歯をはずしメタルボンドによる被せの土台を形成していきます。手前2本を利用しブリッジにより欠損した奥歯1本を補います。

施術後

一番奥に歯が出てきているのが分かると思います。今回奥歯と言うこともあり強度が必要となります。メタルボンドは金属による土台を必要としますが、非常に強いのが特徴で噛むという強い動作にも耐えることができます。

被せ物の素材にはオールセラミック・メタルボンド・ジルコニアと種類があり、使う場所、用途などによって考えて選ぶ必要があります。今回のように強さを求めるのであればメタルボンド。色味やキレイさを優先するのであればオールセラミック。このように患者さまの口腔内の環境にって素材を選んでいく必要があります。

もし口腔内の不調や不満を持っておられる方は是非お気軽にご相談ください。不調の場所や不満の状態により最適な術法をお伝えいたします。

ページ上部へ