歯と歯ぐきの間のむし歯を治療し前歯7本を治療した術例 - 岡田歯科医院

施術例

歯と歯ぐきの間のむし歯を治療し前歯7本を治療した術例

施術前

この患者様はもともと前歯を欠損されており、両端の歯を利用して被せ物をするブリッジという義歯をされていました。しかし、ブリッジを支える歯と歯茎の間がむし歯になってしまっており、このまま放っておくのはよくないと思い治療されることになりました。

施術中

このように両端の歯を土台として新しいブリッジにより回復していきます。土台を再形成する前に今回むし歯になっていた箇所をしっかりと治療しておきます。

施術後

今回は比較的早い段階でのむし歯治療だったのですが、このような状態を放っておくとさらにむし歯が進行してしまいさらにはその歯まで欠損してしまうこともあります。歯が痛んだり少しでも違和感を感じられたらすぐに診察されることをおすすめ致します。

これはむし歯に限ったことではありませんが、歯はもちろんお体も「あれ?おかしいな、いつもとなんか違う・・・」など感じられたら迷わず診察を受けるようにしましょう!早期治療なら負担も痛みも少なく回復することができるのですから。

ページ上部へ