保険適応の被せ物からオールセラミックへ変更した術例 - 岡田歯科医院

施術例

保険適応の被せ物からオールセラミックへ変更した術例

施術前

上の前歯2本を以前は保険適応の被せ物をされていましたが、年々色も変化し被せ物と歯茎の黒ずみも気になり、さらに歯と歯の間に隙間が出来るようになってしまい口をあけることに少し抵抗を持っておられました。そこで今回それらを解消するためにオールセラミックによる審美回復をされた患者さまの術例です。

施術中

術前には金属の土台に被せ物をしていましたが、今回はファイバーポストという白い土台にします。これにより被せ物の色がくすみにくくなります。

施術後

術後は隙間も歯茎の黒ずみも気になりません。まわりの歯の色ともしっかりと合わせているのでほとんど違和感はありません。また、保険適応の被せ物の裏は黒く目立ちますが、オールセラミックでは裏まで自然な白さになります。

患者様もあまりの違和感のなさに大変喜んでおられました。

このように黒ずみや歯の隙間が年々気になってくるということはよくあります。毎日見ていると見慣れてしまっているということも少なくありませんが他から見ると意外と目立ってしまっているものです。今回の術例のように審美回復によって違和感なく自然な歯にすることで顔の印象も大きく変わります。なんだか最近黒ずみが気になるなんて思われてる方はお気軽にご相談ください。今までの審美回復例をふまえ最適な施術をご提案いたします。

ページ上部へ