銀のインレーから奥歯2本をオールセラミックにした症例 - 岡田歯科医院

施術例

銀のインレーから奥歯2本をオールセラミックにした症例

施術前

奥歯2本の銀の部分詰め物インレーをやめオールセラミックのクラウンにした症例です。口腔内に金属があると歯ぎりしの原因となったり、知らず知らずのうちにストレスがかかっていることが多々あります。今回の患者様も口腔内の金属にストレスを感じておられご相談に来院されました。 そこで部分的な詰め物インレーを取り除きオールセラミックの素材の被せ物で土台を被せるクラウンという方法で回復しました。

施術中

金属の詰め物を取り除き、被せる土台を形成していきます。

施術後

今まではむし歯の治療後が目立ちましたが、オールセラミックのクラウンにすることでその治療のあとはほとんどわからなくなります。オールセラミックでは口腔内から金属がなくなりますのでストレスもかかりにくいのが特徴です。口をあけたときにキラッと見える銀の詰め物とは違い、見た目も非常にキレイに仕上がります。

銀の詰め物が気になっている方や、なんとなくかみ合わせが悪い、物がよく詰まるそんなお悩みを持っておられれば是非、一度ご相談ください。

ページ上部へ