黒ずみが気になる1本をセラミッククラウンにより審美回復した症例 - 岡田歯科医院

施術例

黒ずみが気になる1本をセラミッククラウンにより審美回復した症例

施術前

以前にセラミックによる審美回復をされていましたが、前歯横の1本だけ歯茎と歯の間の黒ずみが気になるということでこの歯をセラミッククラウンによる審美回復を行いました。

施術中

クラウンとは1本歯根のあるを削り土台を作り、その上に新たに義歯をはめ込むという審美回復になります。複数の連続した歯を審美回復する場合は両端に歯根がある場合はブリッジという審美回復となります。 施術写真のようにしっかりとはめ込めるように土台をつくり、歯茎にぴったり合う義歯を作っていきます。

施術後

黒ずみが目立ってくる原因のひとつに歯茎が下がってくるということがあります。この下がってしまった歯茎にしっかりと合わせて義歯を作ることでこのように黒ずみを解消することができます。今回の患者様は回りをセラミックによる審美回復されていたので余計にこの黒ずみが目立ってしまうことを非常に気にされていました。

今回のクラウン審美回復によって黒ずみも解消されとても喜んでおられました。今回の施術のように1本だけ気になる歯があるなどのご要望にもお答えいたしますので、何か口腔内のことでご相談がある方は是非お気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ