妊娠中の口腔ケア - 岡田歯科医院

毎日がステキ!スタッフブログ

妊娠中の口腔ケア

前回は茨木市の妊婦歯科検診についてお話しましたが、今回は妊娠中のオーラルケアのお話をしていきます😁✨

妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れ、唾液分泌が低下し口内環境が変化し、歯や歯ぐきのトラブルが起こりやすい時期。ママがむし歯になると、赤ちゃんがむし歯になるリスクも高まるため、正しいオーラルケア習慣を身につけて下さい☺️

【起こりやすいトラブル】

①妊婦性歯肉炎

②口臭

③虫歯

④口内炎

⑤親知らず

✿妊娠初期は悪阻が辛く、口にするものを受け付けない😣ってことも!

体調のいい時間帯でいいので、ヘッドの小さい歯ブラシで小刻みに磨きます。

また、下を向いて舌に歯ブラシを当てないようにすると嘔吐感も軽減👍

歯磨き粉は香料や強い味のあるものは避け、虫歯予防のフッ素配合を選んで下さい🙂

歯磨きが出来ない時はムリにせず、デンタルリンスや水でブクブクうがいして下さい😌

✿安定期は食事の量も増え比較的体調も良い場合が多いので食後の歯磨きをしっかりして下さい!

歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目にあて優しく小刻みにブラッシング!

歯並びが悪いところはしっかり毛先が当たるように向きを工夫したり、フロスを使って歯垢を除去して下さい😁

妊娠中は食事も気をつけて下さい😉

赤ちゃんの歯の元となる歯胚(しはい)と呼ばれる組織は、妊娠初期から作られます。
その歯胚が石灰化されて、固く丈夫になるのが妊娠4か月目ごろです。
永久歯の歯胚の一部も、この時期に作り始められます。

カルシウムだけでなく野菜やくだもの、魚、肉、穀物などをバランスよく食べて必要な栄養素をしっかり摂るよう心がけて健康で元気な赤ちゃんを出産して下さい😊💕

下崎