前歯の変色と歯茎下がりによる黒ズミ解消のために行ったオールセラミック術例 - 岡田歯科医院

施術例

前歯の変色と歯茎下がりによる黒ズミ解消のために行ったオールセラミック術例

施術前

以前に保険治療により治療したかぶせものが変色してしまいとても気にされていました。保険適応によるかぶせものは治療後数年は周りの歯との色も違和感なく気にもなりませんが、どうしても年々色に変化が出てきてしまい回りの歯との色に違いが出てきてしまいます。 今回の患者様もこの周りの歯との色の違いを非常に気にされており、食べる時や笑う時など口を隠すようになっていたそうです。 そんなご相談を受け特に目立ちやすい前歯7本のオールセラミックによる治療をご提案し施術いたしました。

施術中

このように自分の歯が残っていれば上からかぶせる治療が可能です。またこのように自分の歯が欠損してしまっている場合にはその両隣の歯があればブリッジという橋を架けるように施術することができます。

施術後

施術後鏡を手に取られ確認するために口を開かれた患者様は何度も鏡の角度を変えながら生まれ変わった自分の歯の色を確認されていました。口を開けた時に歯の見える範囲や場所は人によってそれぞれ違います。ニコッと笑顔を見せられた時に見える歯だけでもオールセラミックにすることで今まで気にしながら口を開けていたストレスから解放されます。

このように口を開けた時に見える範囲だけの施術も可能です。もし同じように歯の変色や欠損でお悩みの方はぜひお気軽にご相談くださいね。

ページ上部へ