歯と口の健康とにつながるよく噛んで食べるということの重要性 - 医療法人靖歯会 岡田歯科医院

毎日がステキ!スタッフブログ

歯と口の健康とにつながるよく噛んで食べるということの重要性

小学校中学年以上のお子様ができる歯磨き方法の工夫人間にとって食べるという行為は生きていく中で非常に重要な役割を担っています。そしてその食により人間の体が作られていきます。より良い体を作り出すためにその食べ方に少し工夫をするだけで健康な体作りに大きく役立ちます。それがよく噛んで食べるということです。

しかし、意外と多くの人がこのよく噛んで食べるという行為を行いません。最も簡単にできる超お手軽健康法なのになぜでしょうか。それはよく噛んで食べるということがただ習慣になっていないだけです。これを習慣づけるだけでお子様やあなたの体だって健康な体になっていくんです。

こんなに楽で簡単な健康法はありませんので今日を機によく噛んで食べる習慣をつけるようにしましょう!

よく噛んで食べるメリット

  • よく噛むと消化吸収を助ける
  • よく噛むと食中毒を予防できる
  • よく噛むと血流をよくして、脳の働きを活発にする
  • よく噛むと唾液がたくさん出るようになる

唾液がたくさん出ることのメリット

  • 口の中をキレイに保ち虫歯を予防することができる
  • 歯を強くする
  • 体を元気に保つことができる

 よく噛んで食べる方法とポイント

ひと口で30回噛む

よく噛むと脳におなかがいっぱいのサインが送られて食べすぎを防ぐことができます。

右側噛みと左側噛みを均等に

右で噛むのと左で噛むのを意識して均等に噛むようにすることで両あごが均等に鍛えられます。片方だけで噛むことは顔のゆがみなどにつながります。

食べのものの形がなくなるまで噛むように

食べものの形がなくなるまで噛んでから飲み込むようにすることで体への吸収率が高くなります。

数えるのが面倒なら秒数でもOK

数えるのが苦手な人は30秒を測って噛んでみましょう。たとえばかみながらチューリップの歌を頭で流してみてください。約30秒になりますよ!

ひと口食べたら休む

ひと口食べたら一度お箸をおいて休憩してみましょう。次から次へと食べると早食いのクセがついてしまいます。

食べ物が口の中にある間は飲み物は飲まない

食べ物をお茶や牛乳で流し込む食べ方は実は危ない食べ方です。ついつい噛むことが中途半端になり固形のまま飲み込んでしまいます。噛まずに食べたると消化器官に大きな働きを余儀なくさせます。これは体にとっては負担となります。しっかりと噛んで消火器官にやさしくなれるように心がけましょう。

ひと口の量を少なくしよう

口に入れる量が多いとあまり噛むことなく飲み込んでしまいがちです。また、ひと口の量を少なくすると、全体で食べる回数を増やすことができ、早食いの予防にもなります。

よく噛んで食べるということのまとめ

1667000003このように食べ物をよく噛んで食べるということはとても体や口腔内の環境には良いことです。しかし、今まで意識していなかった食べ方をすぐに変更するのは簡単ではありません。はじめは意識して食べてもついつい早食いになってしまったり、固形のまま飲み込んでしまったりと今まで食べ癖が出てくるものです。

そのたびに「ゆっくり食べなきゃ!」と思うだけでもこの先大きく変わってきます。この気をつけるクセをまずはつけるようにすることが大切です。

まだまだ何十年も使い続けなければならない歯と体です。健康で丈夫な体の環境を作るために必要なのは何もエクササイズやサプリメントだけではありません。毎日の食事を少し意識するだけでも十分健康な体つくりはできるということですね。