マウスピース

公開日: 

マウスピースと聞くと皆さんが想像するのはボクサーが試合で口につけてるやつ!!と思われ方が多いと思いますが歯科でもさまざまなマウスピースが使用されます。
マウスピースには呼び方や用途もいろいろあります!

その前に…マウスピースの効果とは?
・歯の損傷の予防
・顎、顔、口の中の怪我予防
・脳震盪や脳神経系、頸部損傷の予防
・身体バランス機能の向上
・集中力の向上
・歯ぎしり、食いしばりの解消
・頭痛やあごの疲れ、不眠・肩こり解消

◆顎関節症の治療→スプリント
顎関節への負担を軽減したり噛み合わせを安定させる目的で、夜寝るときに装着することが多いです。

◆歯ぎしりの治療→ナイトガード
歯ぎしりの治療で最も一般的におこなわれる方法です。
歯やあごにかかる負担を軽減し、歯ぎしりの症状を和らげます。
歯ぎしりの症状が和らぐと今まで感じていたストレスも軽減され、歯ぎしりも治ってくるのがマウスピースによる歯ぎしり治療です。

◆マウスピース矯正→アライナー
アライナーという透明のマウスピースを使用する矯正法です。
2週間ごとに新しいアライナーに交換しながら1日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させていきます。
他の矯正法と違い取り外しができ、ワイヤーも装着しないので目立ちにくいですが、歯を抜かなくても済むような簡単な矯正治療になります。

◆ホワイトニング
歯を白くする際の薬液を保持する為のトレーです。

その他にも楽器奏者が使用するマウスピースやスポーツ選手が使用するマウスピースに美容のために使用するマウスピースがあります❢❢

image

歯ぎしりよく眠れない、噛み合わせが悪いなど気になりましたら岡田歯科医院にご相談ください☺
下崎

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
健康通信一覧
PAGE TOP ↑