インプラントと入れ歯は何が違うの?

公開日: 

インプラントという言葉は耳にされたことはありますか?乳歯、永久歯につぐ第三の歯ともいわれる人工歯ですね。従来、永久歯が抜けると入れ歯かブリッジにするしか選択肢はなかったところにインプラント治療の登場により自分の歯を取り戻すという治療法が確立され現在ではすでに浸透しています。

そこで今回インプラント治療と入れ歯治療と何が違うのかというところのお話をしていきます。

ブリッジ治療と入れ歯ついて

ブリッジ治療の理解と注意点

まずブリッジによる治療とは抜けてしまった歯の両脇の健康な歯を土台として、その名の通り橋のように義歯を装着し回復する治療法となります。

ブリッジ治療では欠損してしまった歯の両脇の歯を削らなければいけません。また、この削ったことにより歯に細菌が侵入しやすくなってしまい、虫歯や歯周病にかかるリスクが上がります。

このようにブリッジは欠損した歯を補うということ以外にも健康な歯を犠牲にしなければいけないということを十分に理解する必要があります。

入れ歯治療の理解と注意点

欠損した歯がブリッジで支えきれない場合や、多くの歯が抜け落ちてしまっている場合などは入れ歯治療が必要となります。入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があり、入れ歯を固定する部分がある場合には部分入れ歯による治療となります。

入れ歯治療の注意点

部分入れ歯、総入れ歯ともに口の中には不快感が少なからず出てきます。入れ歯は基本的には必ず清掃やメンテナンスが必要となりますし、口の中の状態により今まであっていた入れ歯が合わなくなってきてしまうということもあります。その場合には再度作り直す必要があります。

また入れ歯はずれたり外れたりということがよく起こってしまいますので、思いっきり食べることを楽しむことができなくなってしまうということがあります。

インプラントについて

上記にブリッジ治療と入れ歯治療の理解と注意点をご紹介しました。これらをふまえインプラントを理解することで何が違うのかが明確になります。

ブリッジ・入れ歯に対しインプラント治療は欠損した箇所に人口の歯根を埋め込みしっかりと固定します。その上に人工歯を装着します。ブリッジのように両脇の歯に負担をかけることも、入れ歯のように外れる心配もありません。また、口の中の不快感もほとんどなく、無臭、見た目もきれいで作り変える必要もありません。
また、総入れ歯にする場合でもインプラントを数本埋め込みしっかりと歯を固定するという方法もあります。

まとめ

いかがでしたか?インプラントはブリッジや入れ歯のマイナス部をしっかりとカバーしている治療法ということがご理解いただけたかと思います。

また食事に関してもブリッジや入れ歯ではやはり気にしながら食べることになりますが、インプラントにすることで気にすることなく食べるということを楽しむことができるようになります。

現在入れ歯やブリッジで不満や不快感を持っておられる方は是非一度岡田歯科医院にご相談ください。インプラント治療について詳しくご説明させていただきます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
健康通信一覧
PAGE TOP ↑