フッ素で虫歯は予防できるのか?というお話

公開日: 

1504410001お子さんの虫歯予防のためにフッ素を塗布されたという方は最近多いのではないでしょうか。塗布するだけで簡単に虫歯の予防ができるために実際に予防歯科でフッ素を取り入れている歯科医院は多いです。今回はそのフッ素について本当に虫歯予防ができるのかというお話をしたいと思います。

フッ素には虫歯を予防する効果があるの?

日本ではフッ素での虫歯予防を取り入れていない歯科医院もありますが、WHO(世界保健機関)はフッ素の虫歯予防効果を有効性と安全性を確認し虫歯予防の実施を推奨しています。特に欧米では虫歯の予防の主流となっているのがフッ素による虫歯予防です。

フッ素の3代効果

  • 酸に強い丈夫な歯を作る
  • 酸が作られるのを防ぐ
  • 虫歯の初期の歯の表面を修復させる

この3代効果がフッ素の力となります。また、子供の場合乳歯の生え始めから永久歯が生えそろうまでにフッ素で効果的に虫歯予防ができると言われています。

これは歯が形成される段階でフッ素を塗布することにより歯のエナメル質と合わさり歯を丈夫にし、酸に溶けにくい歯質を作り出します。さらにフッ素は口の中の最近に対し作用することで虫歯の原因となる酸の発生を抑えてくれる働きもあるのです。

また、虫歯になりかけた初期の状態の場合、歯の表面を修復するという働きがあること知られてきました。驚きですよね。

なぜ虫歯になった歯1667000001がフッ素で修復できるの?

人間の口は食べ物を食べるたびに酸性になり、また中性に戻るということを繰り返します。これは唾液中のカルシウムが歯に付着し溶けだした歯の結晶を補う修復作業で「再石灰化」と言います。

この唾液中のカルシウムが歯に付着するという自然の働きをサポートする力がフッ素にはあるために初期の虫歯であれば再石灰化し修復することになります。

フッ素には歯磨き剤やジェル、うがい薬など日常で使えるものが多くあるので取り入れるだけで予防歯科につながります。

まとめ

フッ素を利用することで虫歯予防や初期の虫歯修復ができるというの非常にありがたいですよね。しかし、フッ素で予防しているからと言って頼り切るのも危険です。やはり、フッ素だけではなく糖分の多い食べ物を控えたり、毎日念入りにブラッシングを行う、歯科医院で定期的にクリーニングを行うなど心がけましょうね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
健康通信一覧
PAGE TOP ↑