噛み合わせの悪さが与える身体への影響について

公開日: 

1534410101口腔内の問題というとむし歯や歯周病がまず頭に浮かぶところですね。しかし今回は噛み合わせについてです。噛み合わせの悪さはそれほど重要視されていないのが現実なのですが、実は身体へ悪い影響を与える原因となっているかもしれないですよ!というお話です。あなたの噛み合わせは大丈夫ですか?首や肩がよくこりませんか?お子様の姿勢が悪いと感じたことはありませんか?もしかしたら噛み合わせが関係しているかもしれません。

どんな症状が起こる

  • 首のコリ
  • 肩のコリ
  • 筋肉の疲れ
  • 頭痛
  • 姿勢が悪くなる
  • 顎関節症
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 内臓疾患等

詰め物や入れ歯の噛み合わせの重要性

1667005002上記のような症状が噛み合わせの悪さが影響しているかもしれないということもあり、歯科院では詰め物やかぶせ物の治療をした後に赤い色の紙を噛んでもらい、歯がしっかり噛み合わせられているかを何度も確認しているのです。

詰め物、かぶせ物で治療した直後はしっくりと噛み合わせられていても時間の経過と共に知らず知らずのうちに噛み合わせが悪くなっているということもあります。この気がつかずに悪くなっている噛み合わせによって上記のような症状が出ているという人も少なくはないです。

中には長年原因が分からず上記のような症状に苦しめられていた人が噛み合わせを修正することにより改善したという方も多くおられるのも事実なんです。

まとめ

かみ合わせはわずか数ミリずれるだけでも身体のバランスが崩れてしまいます。このバランスの崩れを矯正するかのように身体が反応しさらにバランスが崩れてゆくという悪循環に陥ってしまいます。もし上記のような症状でお悩みの場合は一度噛み合わせも疑ってみても良いかもしれません。当院でも噛み合わせを確認することができますので、お気軽にお問い合わせください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
健康通信一覧
PAGE TOP ↑