日本人中年層の約9割が経験する歯周病とは?

公開日:  最終更新日:2015/12/12

日本人中年層の約9割が経験する歯周病とは?前回前々回とむし歯治療後のかぶせ物について勉強してきました。今回から数回に分けて歯周病について勉強していきたいと思います。歯周病は日本の中年層の9割がかかってしまう国民的な病気です。しっかりと歯周病についての理解を深め予防や対策を行ってきましょう。

歯周病の症状と対策を知りましょう

「歯周病」と聞くとどんな病気?と思われるかもしれませんが、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と聞くとピンとくる方もおられると思います。歯周病とは歯茎に起こる化膿性炎症で日本人の中年層では約9割の人が経験するという病気です。

30代に自覚症状はほとんどないままに発症し、徐々に進行していきます。歯茎に違和感を感じようやく自覚症状となります。歯茎の腫れ、歯茎変色、口臭や歯茎からの出血のような自覚症状が現れるようになります。これらの症状を放置してしまうと最悪の場合歯茎は歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気なのです。

歯周病の進行と症状

0367011001036701100203670110030367011004

でも、安心してください。歯周病の初期自覚症状が現れたときしっかりと対処しさらに予防対策を行うことで歯周病を治すことが出来きます。しっかりと知識をもって対処することであなたの大切な歯を歯周病から守ることができるのでしっかり勉強しておきましょう。

歯周病になる原因とは?

どうして歯周病になるのでしょうか。その原因は歯の汚れである歯垢であり、歯垢(プラーク)には虫歯菌や歯周病菌といった細菌も含まれていてそれらの菌が歯周病を悪化させていきます。

歯と歯茎の隙間を最近では歯周ポケットといった言い方もしますが、その部分に歯垢が入りこみ約1日かけて繁殖していきます。この繁殖時に出す毒素が歯肉に炎症を起こし化膿させてしまいます。このように化膿してしまうと歯と歯茎の間にポケットが出来てしまいその歯周ポケットに汚れが入り込み歯周病菌はさらに増殖を繰り返していきます。

やがて歯垢は石灰化して「歯石」となり悪化していってしまいます。

このほかにも精神的なストレスや、タバコが原因となっている場合もあります。

歯周病は中高年層だけ?

歯周病のほとんどは中高年層が中心に発症しますが、実は糖分を取りすぎる子どもにもよく見られます。これらは若いうちから発症し進行していきますので親御さんが注意をはらいしっかりと対処と予防対策を行う必要があります。

今回のまとめ

歯周病は歯と歯茎の間に歯垢がたまり徐々に菌を繁殖させ歯茎を化膿させ最悪の場合歯が抜けてしまうという中高年のほとんどが経験する病気です。しかし発症しても初期段階ではむし歯と違ってご自身の毎日のデンタルケア、口腔内環境の調整によって予防や治療が可能でもある病気なのです。

  • 歯茎の腫れがないか
  • 歯茎変色していないか
  • 口臭がきつくないか
  • 歯茎からの出血がないか

などを毎日しっかり鏡の前でチェックするようにしましょう。また、歯と歯茎の間を優しくブラッシングし清潔に保つように心がけましょう。

今回は歯周病の原因についての勉強でしたが、次回以降さらに歯周病について勉強していきたいと思います。ではまた次回。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PREV:
花火大会
NEXT:
お盆
健康通信一覧
PAGE TOP ↑