歯のかぶせ物が痛くなるのはなぜ?

公開日:  最終更新日:2015/08/11

「以前にむし歯を治療してかぶせ物をしてもらったけど最近そこがなんだか痛む」そんな経験を皆さんも持っておられるのではないでしょうか。治療してもらった箇所なのにどうして痛みだすのでしょうか。今回はこの治療後のかぶせ物についてお話していきたいと思います。

かぶせ物をした後でもむし歯にはなる!

1534020109驚きましたか?実はかぶせ物による治療というのは恐れず言うのであれば完璧なものではありません。これは治療直後は完璧な状態であるかもしれませんが、その後に口腔環境を完璧にあり続けるのは至難の業です。

かぶせ物と本来の歯には歯を使っている以上少しずつではありますが、隙間が出来てしまいます。むし歯菌はわずかミクロン単位の隙間さえあれば侵入し菌を繁殖させてしまいます。むし歯ですね。これがかぶせ物が痛くなる原因なのです。

ではどうすればかぶせ物とうまく付き合える?

せっかくかぶせ物でむし歯治療をしたのですから出来るだけ長く治療後の状態を保ちたいものですよね。これには治療後の口腔内ケアが非常に大切です。しっかりと食後や寝る前などの歯磨きを丁寧に行うことにより最大限虫歯菌が歯とかぶせ物の隙間から進入することを防ぐ必要があります

口腔内の良い環境こそがかぶせ物が再度むし歯になることを防ぐ唯一の方法なのです。

かぶせ物内のむし歯は気づかないうちに進行しているかも!?

01001001かぶせ物のむし歯が厄介なのは本人に痛みや不快感など自覚症状がない状態で進行してしまうことが多いところです。ある日突然痛み出しますし、さらに痛んだり痛まなかったりを繰り返すこともありますのでたいした事ではないと思いがちになり治療が遅れることがあります。

かぶせ物で重要なことは少しでも詰め物やかぶせ物に違和感や傷みなどがあればすぐに歯科医に相談することです。かぶせ物のむし歯も早い段階で知慮することで早期治療が望めます。放っておくと中でどんどんむし歯が進行してしまい最悪の場合は抜歯が必要になってしまうまで進行してしまうケースもあります。

まとめ

かぶせ物をした部分でもむし歯になることはあります。そうならないためにも毎日の歯磨きと口腔内の環境に気をつけるよう心がけてください。また、かぶせ物に違和感や少しでも傷みを感じるようであればすぐに歯科医に相談するようにしてください。

この毎日のケアと自分の口腔内への配慮がむし菌の進入やむし歯の進行にしっかりと対応するポイントとなります。

もしかぶせ物に違和感や傷みがある方は是非お気軽にご来院してください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
健康通信一覧
PAGE TOP ↑